トップ  絹素材  着物  家紋入り  鮫小紋  唐草模様  防水効果  おしゃれ  明治時代  風呂敷の素材  風呂敷七変化  sitemap

とても便利な風呂敷

運搬、装飾、目隠しetc…京都のれんのデザイン風呂敷を使う場所は様々!

風呂敷の魅力の部分

唐草模様だけが風呂敷ではありません

風呂敷のイメージの中には唐草模様を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
唐草模様とは葉や茎・蔓植物などが伸びたり絡んだりした形を図案化したもので、
植物文様と呼ばれているデザインです。

 

しかし、現代のデザイン風呂敷は唐草模様とは違ったオシャレなデザインになって
いるのが特徴で、どのようなものがあるのかを知りたいときにもおすすめなのが
京都のれんの通販サイトです。

おしゃれな柄

 

京都の布地をツールにする、これを使ってお店の宣伝に使えるのぼり、来客のときに
お店の良さをアピールできるのれん、そして品物を包んだりバッグの代用にしたり
して使える風呂敷を製造販売しています。

 

デザイン風呂敷を一言でいうのであればオシャレな布、どのように使うのかは購入した
人が自由に考えて利用できるのもデザイン風呂敷の魅力の一つではないでしょうか。

 

尚、京都のれんはオリジナル品やオーダーメイドで製作を行うこともできますし
1枚からオーダーができるのもおすすめ理由の一つです。

 

風呂敷七変化を知ろう!

 

風呂敷と聞いたときには品物を包んでお客さんの家に行く、このようなイメージを
持つ人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、京都のれんが販売しているデザイン風呂敷は使う場所を選ばない、持っている人が
使う場所を選んで利用できる魅力を持ちます。

 

風呂敷には結ぶ・包む・敷く・覆うなどの様々な使い方および包み方がありますが、
これは必ずしも品物を覆ったり包むだけでなく、インテリアに装飾を行うときや
ファッションの一部にアクセントを設けたいときにも使うことができる手法です。

インテリアに使える

 

例えば、殺風景なインテリアをデザイン風呂敷でコーディネートするだけでオシャレな
インテリアに変化する、ファッションの一部で使えばアクセントを作ることができる
などの魅力もあります。

 

正方形の布ではありますが、三角に折り畳みスカーフにすることもできる、ピン止めを
使って好きな形にしてインテリアに使うなど使う場所を決めるのは自分、風呂敷七変化を
使えば自在に活用できます。