風呂敷の活用  絹素材  着物  家紋入り  鮫小紋  唐草模様  防水効果  おしゃれ  明治時代  sitemap

とても便利な風呂敷

風呂敷に関する知識

風呂敷の魅力の部分

防水効果

風呂敷は昔のものだという思い込みのある人もまだまだ多く
いるかもしれませんが、最近ではデザインや機能も信じられないほど
豊富になってきていて、専門店も若い人に人気になるなど
風呂敷が見直されてきています。

 

なかでも、防水機能のある風呂敷は、プールに行くときに
ぬれた水着やタオルを包むのに適していますし、銭湯に行くときにも使えます。

 

スポーツジムに通っている人は、汗をかいたシャツや
シャワーを浴びて使った後のタオルを包むなどして使えます。

荷物を守る


また、外へ出ていると突然の雨に降られることがあります。
そういった時に備えて防水の風呂敷を常備しておくと
雨に濡らしたくない荷物を守ることもできます。

 

濡れたものを包んでも、防水効果のある風呂敷でしたら
それに包んでカバンの中に入れれば、ほかのものが濡れる心配もありません。


風呂敷のデザインも豊富なので、選びやすいです。
昔ながらの伝統的な和柄だけではなく、最近では可愛らしいデザインや
流行を取り入れたおしゃれな柄もありますので、選ぶのも楽しめてお勧めです。選ぶ

 

天気と気分の関係は…体調も心も左右されるメカニズム

人は気分がいいときとよくないときがあります。
これはなにかストレスや悩みがあるといったこと以外にも天気が気分に影響を及ぼしているのです。

 

晴れの日は青空と明るさがありますが、曇りの日はどんよりと暗くなり、雨の日は外に出るのも
憂鬱になるほどです。

 

しかしこれら気分は天気の見た目だけではなく、気圧が大きく影響しています。
晴れのよい天気の日には気圧配置として高気圧が張り出していますが、天気が悪い日は低気圧が
きているのです。

 

この気圧は脳内のバロレセプターを刺激することになります。高気圧は脳内に対して自律神経の
うち交感神経を刺激することになり、全身が活性化されることになり気分も爽快になります。

 

しかし低気圧は脳内に対してその逆の神経が刺激されることになるためにリラックスする方向に
向かいます。結果的にあまり動かずにじっとしているようになってしまいます。

 

その状況で曇っている暗い状況、雨が降っていると生命に対しても危険があるので身体はじっと
して動かない方向に向かうのです。

 

このように人は長いあいだ生きてきた中で習得してきた状況を踏まえて、脳に埋め込まれているために
気圧によって身体に対して指示を出すようになっているのです。